11日のロンドン外為市場では、ドル・円は109円96銭から110円28銭まで上昇した。欧州株は全面高、米株先物も上げ、米10年債利回りが一時2.65%台に上昇したことで、ドル買い、円売りが先行した。

 ユーロ・ドルは1.1322ドルから一時1.1297ドルまで下落。ポンドの下落に連れ安気味になった。ユーロ・円は124円40銭から124円74銭まで上昇した。

 ポンド・ドルは1.2895ドルまで下落後、1.2937ドルに反発。英国のGDP減速や鉱工業生産の落ち込みなどを受けて、ポンド売りが一時強まった。ドル・スイスフランは1.0004フランから1.0033フランまで上昇した。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は109円96銭から110円28銭で推移