7日午後の東京市場で、ドル・円はじり高となり、一時112円93銭まで値を切り上げた。日経平均株価や上海総合指数は堅調地合いを維持し、株高を好感した円売りが観測される。米10年債利回りはほぼ横ばいだが、ポンド・ドル、ユーロ・ドルが下げており、ドル買い気味になっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円65銭から112円93銭。ユーロ・円は128円12銭から128円43銭、ユーロ・ドルは1.1370ドルから1.1383ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はじり高、日本株や中国株は上昇基調