12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円37銭から111円88銭まで下落して112円20銭で引けた。米国の10月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想外に低下、また、米中首脳会談の開催が100%確実ではないとの報道に失望したドル売り・円買いが再燃した。ただ、引けにかけて株式相場が大幅に回復したため下げ止まった。

ユーロ・ドルは、1.1580ドルから1.1535ドルまで下落し1.1535ドルで引けた。ユーロ・円は、130円06銭から129円36銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3212ドルから1.3148ドルで下落した。離脱を協議するEUサミットを控えて、ポンド売りが優勢となった。ドル・スイスは、0.9904フランから0.9930フランまで上昇した。

<TN>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY為替:米中首脳会談の開催が100%確実ではないとの報道に失望したドル売り