13日の日経平均は続伸。終値は25日線を上回った。25日線の下降角度が緩やかになったほか、5日線が200日線に下から接近し、急速な地合いの好転を示した。週間ベースでは4週ぶりに反発し、上げ幅は809.21円と大きかった。一目均衡表では、終値が雲上限を上回った。雲中にある転換線が上向きに転じたほか、遅行線が下から株価に接近し、弱気シグナルは急速に小さくなった。ボリンジャーバンドでは、11日に一時-1σを下回った後は株価がバンド上方を目指す流れにあり、来週は+1σ超えも視野に入ってこよう。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:続伸。25日線回復、一目均衡表では雲上限を突破