12日午後の東京市場で、ドル・円は110円30銭台と小じっかりの値動き。米朝首脳会談での合意文書への署名で北朝鮮が非核化に取り組む方向となり、目先も円売りに振れやすい見通し。欧米株式先物はプラス圏で推移しており、ややユーロ買いがみられる。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円99銭から110円49銭、ユーロ・円は129円51銭から130円07銭、ユーロ・ドルは1.1741ドルから1.1790ドルで推移した。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小じっかり、欧米株式先物はプラス圏