13日午前の東京市場でドル・円はやや伸び悩み。日経平均株価は小幅安で推移しており、株安を警戒して106円45銭から106円26銭まで下げたが、現時点で日経平均株価が大幅安となる可能性は低いとみられており、ドルは106円30銭台でもみ合う状態が続いている。ただし、学校法人・森友学園との国有地取引に関する決裁文書の書き換え(改ざん)問題で国内政局流動化への懸念が浮上しており、リスク選好的なドル買い・円売りが大きく広がる可能性は低いとみられている。ここまでのドル・円は106円26銭から106円47銭で推移。
・ユーロ・円は、131円11銭から131円33銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.2333ドルから1.2341ドルで推移

■今後のポイント
・106円近辺で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=108円-110円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値61.41ドル 安値61.25ドル 直近値61.29ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は106円30銭台、政治不安でドル買いはやや後退