14時00分の日経平均は前日比331.73円安の22048.28円で推移している。ここまでの高値は9時59分の22305.24円、安値は12時54分の22004.79円。

為替市場ではドル円は113円18銭付近で推移しており、正午前の113円03銭から回復しているものの戻りは鈍い。日経平均が前日比331円安となっており、リスク回避的な円買いに振れやすい地合いが続いている。

売買代金上位では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>、SUMCO<3436>、トヨタ自<7203>、三井住友<8316>、東エレク<8035>が軟調。一方で、第一生命HD<8750>、昭電工<4004>は堅調。

<DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「14時00分の日経平均は前日比331円安、任天堂は4%近い下落