17日午前の東京市場でドル・円は112円50銭台で推移。日本時間午前11時発表の中国4-6月期GDPを待つ状況となった。同時刻には6月の鉱工業生産と小売売上高も発表される。3つの指標を総合的に判断し、為替取引に適用する投資家は少なくないとみられている。ここまでのドル・円の取引レンジは112円40銭から112円62銭。
・ユーロ・円は、128円96銭から129円15銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1464ドルから1.1475ドルで推移

■今後のポイント
・112円近辺で顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値46.71ドル 安値46.60ドル 直近値46.67ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドルは112円50銭台で推移、中国4-6月期GDPはまもなく発表