NY金先物6月限は小幅反発(COMEX金6月限終値:1253.60↑0.80)。1246.10ドルから1256.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。ドル指数が97.080まで低下するなど為替市場では、ドルが主要通貨に対して弱含む展開となった。ドル安を材料に金はしっかりだったが、株高が重しとなり伸び悩んだ。日足チャートでは、200日移動平均線(1256ドル水準)でのもみあいとなっている。 <MT>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY金:小幅反発で1253.60↑0.80、ドル安でしっかりの展開に