ドル・円は欧州市場で一時111円70銭まで上昇したが、足元は買い一服となり111円50銭付近で推移している。米国10年債利回りが一時2.25%台をつけたが、その後2.24%台推移し、伸び悩んでいるのを受けた値動き。ただ、欧州株の全面高や米株式先物の堅調地合いを手がかりに、目先も円売り方向に振れやすい地合いになっている。ユーロ・ドルがその後1.1165ドルまで上げた。

 ここまでのドル・円の取引レンジは111円35銭から111円70銭。ユーロ・円は124円01銭から124円65銭、ユーロ・ドルは1.1136ドルから1.1165ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は上昇一服、米長期金利伸び悩み