反発。前日の価格レンジ内でのこう着が続いており、前日同様、ほぼ十字足を形成する格好となっている。5/8に空けたマドは埋めておらず、結果的には上にアイランド・リバーサル形状を残している。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。週間形状では13週線を上回っている状況であり、ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジをキープしている。ただし、13週線、26週線との乖離縮小により、デッド・クロスが先行き警戒されてくる。早期にマド埋めを完了させ、アイランド・リバーサル形状を消しておきたいところであろう。価格帯出来高は年初のもち合いレンジでもあり、商いが積み上がっているところである。ここからマドを埋めに行ければ問題はないが、足元の水準を下回ってくるようだと、戻り待ちの売り圧力により、調整が強まる可能性が高まる。 <HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:底堅さからマド埋めに期待