米国の4月NY連銀製造業景気指数は10.1と、2年ぶり低水準に落ち込んだ3月3.7から予想以上に回復した。昨年12月来で最高を記録した。同時に、不安も残る。6カ月先予想での将来のビジネス景況指数は12.4と、前月の29.6から17.2ポイント低下。3年ぶりの低水準に落ち込んだ。また、リセッション以降で2番目に低い水準となる。新規受注や出荷見通しも弱く、2019年の製造業は依然、苦戦していることが明らかになった。貿易摩擦に加えて、中国製造業の停滞などが影響している。

2019年の同指数の平均も6.6と、2018年の19.8を大きく下回ったまま。
また、price paidも弱く、FRBの様子見の方針を正当化する。

■米国の4月NY連銀製造業景気指数
景況指数:10.1(3月3.7)
新規受注:7.5(3月3.0)
仕入価格:27.3(34.1)
販売価格:14.0(18.1)
出荷:8.6(7.7)
入荷遅滞:7.0(1.4)
在庫水準:8.4(0)
受注残:−0.7(2.2)
雇用者数:11.9(13.8)
週平均就業時間:4.3(−3.4)

6カ月先予想
景況指数:12.4(29.6)
新規受注:20.5(29.0)
仕入価格:37.1(40.6)
販売価格:16.1(23.9)
出荷:22.7(27.7)
入荷遅滞:−2.1(6.5)
在庫水準:4.2(1.4)
受注残:0.0(5.8)
雇用者数:17.3(17.6)
週平均就業時間:11.2(10.1)


<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「NYの視点:米4月NY連銀製造業景気指数は2年ぶり低水準から回復も見通しは冴えず