年初来高値。19年12月期の営業利益を従来予想の86.00億円から100.00億円(前期実績118.43億円)に上方修正している。不動産セールス事業の販売状況(引渡し)やゼネコン事業が当初見通しに比べ好調に推移しているため。不動産サービス事業、エネルギー事業、ライフケア事業も順調で、利益を押し上げる見通し。年間配当は従来予想の30.00円から38.00円に増額修正した。創業30周年の記念配当5.00円、特別配当3.00円を加える。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「シノケンG---年初来高値、19年12月期の営業利益予想を100.00億円に上方修正、年間配当38円に増額