8月6日安値2209円をボトムにリバウンド基調が継続し、11月8日には3005円まで上昇。
その後は調整がみられているが、25日線レベルでの底堅さが意識されてきている。一目均衡表では転換線、基準線を下回っているが、雲上限が支持線として機能するかを見極めたいところ。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ミスミG---25日線レベルでの底堅さが意識されてきている