3営業日続伸。緩やかなリバウンド基調が継続するなか、25日線が支持線として機能する格好となり、同線からの上放れをみせてきている。一目均衡表では転換線を支持線とする下値切り上げから、雲下限を捉えてきている。遅行スパンは実線と交差してきており、上方シグナルが接近している。雲の薄く、一気にシグナルが好転してくる可能性がありそうだ。 <TM>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソニー---3営業日続伸、一気にシグナルが好転してくる可能性