IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役 兼 取締役社長:長橋賢吾、以下「アプリックス」)は、2018年12月12日(水)~14日(金)に東京ミッドタウンで開催されるトロンフォーラム主催の「2018 TRON Symposium - TRONSHOW -」に出展することをお知らせいたします。

「2018 TRON Symposium - TRONSHOW -」は、オープンソース、オープンデータおよびオープンAPIで、組織や応用に縛られないオープンIoTの実現を目指す「TRONプロジェクト」の推進母体であるトロンフォーラムが主催するシンポジウムです。アプリックスはこのシンポジウムで、国際規格であるucodeに対応したビーコン(ucodeタグ)(※1)、やucodeタグとしての応用も可能な太陽光発電技術を利用したビーコン(※2)を参考展示するほか、水処理システムをIoT化するオールインワンパッケージ「HARPS」(※3)についても展示する予定です。

<出展について>
展示会名称: 2018 TRON Symposium - TRONSHOW -
会期: 2018年12月12日(水)~14日(金)
会場: 東京ミッドタウン ホール[Midtown East B1F]
公式サイト: http://www.tronshow.org/
アプリックスブース: B5

<「2018 TRON Symposium - TRONSHOW -」 ロゴ>

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000186238&id=bodyimage1

※1.2018年10月5日付プレスリリース「「MyBeacon(R) Pro MB004 UMc-DR」がucodeタグ認定取得 ~アプリックス製ucodeタグは2019年に提供開始予定~(https://www.aplix.co.jp/wp-content/uploads/20181005UQ62AZ52_PR.pdf)」参照。
※2.2018年10月1日付プレスリリース「エネルギーハーベスティングで電力問題の解決とコストの低減 スフェラーパワー社と、太陽光発電技術を利用したBeaconの共同開発で合意(https://www.aplix.co.jp/wp-content/uploads/20181001CNMF6YQS_PR.pdf)」参照。
※3.2018年3月26日付プレスリリース「水処理システムをIoT化するオールインワンパッケージ「HARPS」を4月1日に発売 ~浄水器のフィルター寿命監視に加え、各種センサーに対応したサービスを提供予定 ~(https://www.aplix.co.jp/wp-content/uploads/20180326PJFYK9SN_PR.pdf)」参照。

以上

■株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoT(Internet of Things)です。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。

アプリックスのwebsite(投資家情報等):https://www.aplix.co.jp/
アプリックスのテクノロジー事業:https://business.aplix.co.jp/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/AplixCorporation.official/
■お問い合わせ先:
お問い合わせのページ:https://www.aplix.co.jp/inquiry/
※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

情報提供元:Dream News
記事名:「トロンフォーラム主催の「2018 TRON Symposium - TRONSHOW -」に出展 ~ucodeに対応したビーコンや「HARPS」などを展示~