日菱企画株式会社と共同により(一社)住環境改善推進協議会(所在地:東京都港区 理事長 長井克之)は、地域工務店の協力を得てユーザー向けセミナーを全国で実施しています。
主に「健康と住まいをキーワード」にしたセミナーを開催中です。
各地域の工務店様にご協力を得ながら、多くのお客様に「住まいが健康に影響している」ことを全国のお客様に伝える啓蒙活動を行っています。講師には、保健学博士で空気環境・マイナスイオン科学の第一人者である菅原 明子先生をお招きし、住まいの空気環境の改善について話をしていただいてます。
また、健康住宅に実際に住まわれているお客様に体験談を話していただき、菅原先生のパネルディスカッションを通じて、住まう家の環境改善の必要性をお伝えしています。
7月14日の岐阜県関市で行われた「本物の健康住宅のつくり方」セミナでは、今年一番の暑さの中、大勢の方が会場に参加されました。セミナーでは、住んでいる家に病気になる要因が隠されていることを始めて知り、驚く方が多く見られました。小さいお子様のいる若いご家族から50代、60代のご家族まで幅広い層の方が参加され、熱心にメモを取られる方もいました。また、菅原先生の書籍をお持ちになられた方もいました。
このようなセミナー活動を通じて、
人が健康で元気に住まうことの出来る住まいづくりを全国に啓蒙しています。これまで、住まいが健康に害を及ぼしていることは、ほとんど知られていません。しかし、
住環境は、時代とともに変化しています。ヒートショック、換気不足、VOC放散から、最近では家電製品や通信機器から発生する電磁波の影響という新たな問題も広がりつつあります。住宅は、本来リラックスできる場でなければなりません。そこで、住まう人々が健康で快適な暮らしを実現できるように、エビデンスに基づいた設計指針の普及や、真の健康快適住宅認定制度もスタートさせました。また、ユーザーに認識してもらうべく全国でセミナーを開催しています。

全国各地で「住まいが健康に影響している」ことを伝え、住まう人が健康で元気な生活が送れるような社会の実現を目指しています。

2018年の実施及び予定
7月14日 (土)  「本物の健康住宅のつくり方」セミナー  岐阜県関市
12月2日(日) 「(仮)食育&住環境」セミナー 群馬県伊勢崎市
*その他、東京、名古屋なども検討中です。

【講師紹介】
菅原 明子先生
1976年 東京大学医学部疫学教室にて博士課程修了。保健学博士。
1984年「菅原研究所」を設立。人間のための食環境づくり西洋医学、東洋医学の両面から調査研究を行っています。現在も食育・健康教育の分野、そして、空気環境・マイナスイオン科学の第一人者として精力的な活動を繰り広げています。主な著書として「天然素材住宅に暮らそう」、「「マイナスイオンの秘密」など多数執筆。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000179235&id=bodyimage1

【会社概要】
■会社名 日菱企画株式会社 いやし健康増進住宅研究会
■代表者 代表取締役 長井 克之
■設 立 1977年
■資本金 1000万円
■所在地 東京都港区虎ノ門2-5-4 末広ビル6F
■URL  http://iyashironosumai.com

◆本件のお問い合わせ先
・日菱企画株式会社(担当 高橋)
・電話 03-3503-8490
・FAX 03-3503-2869
・Email info@iyashironosumai.com


情報提供元:Dream News
記事名:「【7月14日・セミナー開催報告】全国各地でユーザーセミナー開催中