株式会社アクティベートラボ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:増本 裕司)は、本日(12月7日)「身体障害者自身ができること」を増やしもっと共有することで、身体障害者が自ら行動を起こせる環境をつくりだすプロジェクト「PHYSICAL CHALLENGE 2020」を始動しました。
本プロジェクトでは、当社が運営する、身体障害者が障害部位で繋がるSNS『OpenGate(http://open-gate.jp/)※』を利用したコミュニティを軸に、身体障害者が自ら行動を起こせる環境を徹底的に考えて働きかけていくと共に、行政や企業、有識者の方々にもご支援いただきながら、当事者目線で、身体障害者の“できる”と“したい”を増やす取り組みを行ってまいります。
なお、12月7日現在でパートナーとしてGMOリサーチ株式会社、株式会社ビックカメラ、株式会社フジクラからの協賛を得て、今後さらに当社と共に取り組んでくださるアクセラレーター・パートナーを募集いたします。

1.「PHYSICAL CHALLENGE 2020」の理念
「PHYSICAL CHALLENGE 2020」では、身体障害者と社会の距離を“0”にする。

2.具体的取り組み
当事者をはじめ行政、企業等のご協力を得るなかで、身体障害者が障害部位で繋がるSNS『OpenGate』を軸に、コミュニティの運営、身体障害者関連情報の発信、社会に向けた啓発活動に加え、学び・食・生活・遊び・仕事・スポーツ等あらゆる分野におけるプロダクト開発・サービス開発やマーケティング活動を行ってまいります。

1)「生活」の分野
身体障害と共に暮らす“生活”の向上を目指して、身体障害者にとって便利な一般流通商品を、株式会社ビックカメラと共に紹介していきます。

2)「仕事」の分野
障害の有無に関わらず、誰もが活き活きと働ける社会の実現に向けたインフラづくりと環境整備に株式会社フジクラと共に挑戦していきます。

3)「マーケティング」
障害者を対象とした商品やサービスなどの情報提供に関する意識調査等をGMOリサーチ株式会社と共に行います。

3.協賛企業からのメッセージ(五十音順)
(1)GMOリサーチ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細川 慎一)
GMOリサーチは、「想いを、世界に」をフィロソフィーに掲げ、企業と生活者の関係の再構築を実現するマーケティング・ソリューション・プラットフォームを提供しております。この度「PHYSICAL CHALLENGE 2020」に協賛させていただくことで、障がい者の方々の想いを世の中に届け、より行動を起こしやすい環境を共に構築していきたと考えています。

(2)株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:宮嶋 宏幸)
「PHYSICAL CHALLENGE 2020」に多くの企業が参加することで、障がい者の方々により便利で、豊かな生活を提案できるような社会環境の提供につながると思います。当事者の方々や、ご家族の方、関係者の団体・企業様の思いに寄り添って、少しずつ今の日常生活に変化をもたらすきっかけを関係者の皆様と一緒に作っていきたいと考えています。

(3)株式会社フジクラ(本社:東京都江東区、取締役社長:伊藤 雅彦)
「PHYSICAL CHALLENGE 2020」のビジョンに大いに賛同いたします。障がい者の方々のQoL(Quality of Life)向上にとって、「働く」ということは極めて重要な役割を担っています。障害の有無に関わらず誰もが活き活きと働ける社会の実現に向けて、企業として何をなすべきか、皆様と共に考え、そして行動していきたいと思います。

※OpenGateとは障害部位とその状態を示す「身体障害者特化属性(特許番号6202136号)」により、身体障害当事者だけでなく、そのご家族、介護者、療法士や医療従事者との出会いを促すコミュニティサイトです。さらに、有益な情報・サービスを提供する法人等とも繋ぎます。
サイトURL:http://open-gate.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社アクティベートラボ http://activatelab.co.jp/
担当:古泉 潤治 
e-mail:info@activatelab.co.jp

情報提供元:Dream News
記事名:「身体障害者の社会進出をバックアップする 「PHYSICAL CHALLENGE 2020」プロジェクトを開始