台湾・新竹--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 先進の ASIC設計サービスとIPプロバイダーであるファラデー・テクノロジー社(TWSE: 3035)は本日、同社のFPGA-ASIC変換サービスがドローンビジョン、医療画像分析、スマートアプライアンス、3Dセンシングを含め、多数のAI関連プロジェクトを成功裏に完了したと発表しました。ファラデー社のこの変換サービスにより、低消費電力化、高性能化、システムコストの削減を実現し、AI固有の要件を満たすことが可能となります。

ファラデー社のFPGA-ASIC変換サービスは、先進のFinFETプロセスノードにおけるPCIe Gen 3/4、MIPI D-PHY、DDR3/4、SerDes 12/16/25/28/56Gといった包括的IPソリューションと併用して、特に広帯域幅と低レイテンシーのインターフェースを必要とするAIチップに最適です。クラウドからエッジコンピューティングまで、自動検査システムやNLP(神経言語プログラミング)、感情分析のようなアプリケーションにおいて、ファラデーはエネルギー効率を30~100倍改善する最適なASICチップ設計を実現することができます。

IP開発で25年の経験を持つファラデー社は、量産における優れたコスト効率を実現するためのIPカスタマイズ能力を備えています。ファラデー社はメモリのチップ面積を5~50%削減できるSRAMマクロをの開発に成功しました。加えて、SRAM冗長性&リペア設計能力によって歩留まりを最大10%改善することが可能となりました。

ファラデー社の最高執行責任者(COO)フラッシュ・リンは、次のように述べています。「AIアルゴリズムが成熟し、AI製品の市場需要が高まる中、お客さまはFPGAチップに変わりASICデバイスを採用し、競争力のあるシステムBOMコストを実現しようとしています。ファラデー社のASICサービスは、何千件もの設計と市場で実証済みの何億台もの出荷SoCによって高い評価を受けています。本サービスはAIを手掛けるお客さまにインテグレーションのリスクとコストを低減するための道筋を提供することで、新たなDNNアルゴリズム(ディープラーニング)の採用を加速していきます。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、DDR2/3/4、LPDDR1/2/3(ローパワー)、MIPI、V-by-One、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000イーサネット、シリアルATA、PCI Express及びプログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの拠点を持っています。詳細は下記にアクセスしてご確認ください。www.faraday-tech.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Faraday Tech
Evan Ke, +886.3.578.7888 ext. 8689
evan@faraday-tech.com

情報提供元:
記事名:「ファラデー社がFPGA-ASIC変換サービスでAI革命を推進