MNOの既存のネットワーク資産を活用して優先処理したサービスを提供、現代のモバイル従業員のニーズに対応

米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- モバイルネットワーク変革のリーダー企業であるマベニールは本日、SOHOおよび中小企業に特有のニーズに対応するために特別設計した業界初の「サービスとしてのモバイルネイティブ・ユニファイド・コミュニケーション(mUCaaS)」ソリューションを発表しました。モバイルネイティブな無線技術を利用しながら、現在使用されているデスクトップ通信にも対応するため、従来のUCaaS製品と比べて、完全なパラダイムシフトとなります。このソリューションは、マベニールのモバイルネットワークに関する専門知識を、ボイスオーバーLTE(VoLTE)およびリッチ・コミュニケーション・サービス(RCS)と組み合わせ、モバイルネットワーク事業者(MNO)に新しい継続的な収入機会を提供しつつ、従業員のための真のモバイル通信で求められる本当の意味でのビジネスニーズに対応します。


MNOは、成長の鈍化、音声・データのプランの厳しい価格競争、OTTアプリケーションとの激しい競争が原因で、消費者市場で切迫した状況にあります。一方、エンタープライズ市場は2016~2021年にUCaaSテレフォニーとメッセージングの複合年間成長率(CAGR)1が15.2%に達し、ARPUと顧客維持率が向上する見通しのため、明るい展望を持っています。

マベニールのパーディープ・コーリ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「このソリューションは、ありきたりのOTT UCCやクラウドPBX/UCCソリューションではありません。MNOのために、UCaaSに対してこれまでとは違うアプローチを取っており、何十億人ものユーザーが毎日、音声、メッセージング、接続サービスを利用できるようにしています。MNOは、他社に追随して導入した有線ベースのソリューションを再販する代わりに、既存のモバイルネットワークの強みと投資を活用する機会を得られるので、遂に本当の意味で差別化されたモバイルネイティブな体験を提供できます。例えば、RCSとその基盤技術によって実現するユニバーサルでオープンなメッセージングエコシステムを活用して、エンドユーザーがワッツアップやフェイスブック・メッセンジャーといったソーシャルメディアのメッセージング・プラットフォームや、スカイプ・フォー・ビジネスやシスコ・ジャバーなどの閉鎖的かつ専有的な企業向けインスタントメッセージング・アプリケーションを使用する際に直面する分断した閉鎖的な体験を回避できるようにしています。当社は最終的に、真の世界的利用可能性と生産性をモバイル従業員に拡大しています。」

マベニールのエンタープライズソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのGuillaume Le Menerは、次のように語っています。「SOHO/SMB市場はサービスが本当に不十分で、企業の80%2は従業員が10人未満です。当社の革新的ソリューションにより、MNOはこの未開発市場でスムーズな消費者のような体験を提供できます。当社のmUCaaSソリューションにより、ユーザーは並外れたユーザー体験の下、世界中の誰とでも通話とメッセージのやり取りが行えます。それはモバイルネットワークが、既存のほかのOTT UCaaSアプリケーションと競合しないサービス品質指標を使い、ユーザーにとって業務上不可欠な通信を優先処理することで実現します。この優先的な“VIP処理”をモバイルネットワークで提供できるのは、マベニールのmUCaaSだけです。」

マベニールのmUCaaSソリューションは、市場投入期間を短縮するために、マベニールのキャリアグレードのマネージド・グローバル・クラウドを通じて提供し、VoLTEやRCSなど、MNOの既存のネットワーク資産を活用します。グローバル・クラウドは、マベニールの基幹系セキュリティーサービスとメッセージングサービスも提供しています。このソリューションは、ネットワーク内導入を検討したいMNOのために、モバイルUCCソフトウエア・スタックとしても提供します。

バルセロナで2月26日~3月1日に開催されるモバイル・ワールド・コングレス、またはオーランドで3月12~14日に開催されるエンタープライズ・コネクトで、マベニールのブースへお越しください。

マベニールについて:

マベニールは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社の革新的ソリューションは 100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニールはVoLTE、 VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、 130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニールは収益確保・経費削減・収益保護のソリューションをCSPに提供します。www.mavenir.com

Mavenir、Mロゴ、CloudRangeはマベニール・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2018 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

1ガートナーの「ユニファイド・コミュニケーション予測(2017年第2四半期)」

2米国国勢調査、EC統計局、OECD

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mavenir
Maryvonne Tubb
pr@mavenir.com
or
Loren Guertin
mavenir@matternow.com
or
Hannah Locke
mavenir@hotwirePR.com

情報提供元:
記事名:「マベニールが業界初のモバイルネイティブなUCaaSソリューションを発表して、UCC市場の新分野に参入