ラスベガス--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- ビゲロー・スペース・オペレーションズ(BSO)は、国際宇宙ステーション(ISS)内の米国国立研究所を管理する宇宙科学促進センター(CASIS)との提携を発表します。BSOはISS国立研究所の公式ユーザーであり、今後は商用/学術/政府関係顧客のペイロード搭載を推進していきます。

こうした業務の一環として、BSOは他のペイロード搭載企業と契約する移行です。これらの契約により、こうした企業を支援して、各社およびそれらの好成績の顧客がISS事業を越えて躍動的な将来を築けるようにするだけでなく、当社も顧客となり、CASISの支援方法を理解することができます。これはCASISがいつかB330ステーションを使用可能とするのであれば、重要となる可能性があります。

BSOに委託された業務は、ISS国立研究所のサービスや他のペイロード搭載補助企業のプロモーション、そしてISSやビゲロー・エアロスペースの宇宙ステーションに対する新たな関係の構築です。BSOは最近獲得したCASISとのパートナー契約を通じ、これらの業務を開始します。

より大型の商用プラットフォームが今後登場すると見込まれることから、BSOはISSで経験を積むことの重要性を認識しています。軌道上サービスに関する現在および将来の顧客のニーズが、科学とそれ以外の分野でISSには扱えないほどのより大規模な運用に関係しており、BSO経営陣はこの経験を通じてこうしたニーズについての知識を向上させたいと思います。

ISS国立研究所へのペイロード運搬でBSOとの提携にご関心がある場合、また今後の商用プラットフォームについて理解したい場合、詳細は当社にお問い合わせください。

BSOはISS内で民間モジュールを所有・運用する企業として、初にして唯一の存在です。BEAM(ビゲロー拡張式活動モジュール)は最近、使用延長が認められ、ISSの一層重要な運用資産となっています。

ビゲロー・スペース・オペレーションズの詳細については、www.bigelowspaceops.comをご覧ください。ビゲロー・スペース・オペレーションズの情報は、www.facebook.com/bigelowspaceopswww.twitter.com/bigelowspaceopswww.instagram.com/bigelowspaceops から入手いただけます。

ビゲロー・エアロスペースの詳細については、www.bigelowaerospace.comをご覧ください。ビゲロー・エアロスペースの情報は、www.facebook.com/bigelowaerospacewww.twitter.com/bigelowspacewww.instagram.com/bigelowspaceから入手いただけます。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20180220006181/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Bigelow Space Operations
Gary Buchanan, COO
(702) 639-4440
gbuchanan@bigelowspaceops.com
または
Media:
Blair Bigelow
blair@bigelowspaceops.com

情報提供元:
記事名:「ビゲロー・スペース・オペレーションズが国際宇宙ステーションへのペイロード運搬でCASISとの提携を発表