ミルウォーキー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 米国では地ビールがビジネスとして急成長を遂げており、経験豊富なブルワリーでさえ、ビールで喉の渇きを癒したい消費者の需要増に対応すべく、独創的な手段を模索しています。1988年に創業した、クリーブランドを拠点とする独立系醸造所のグレート・レークス・ブリューイング・カンパニー(GLBC)は、製品品質を犠牲にすることなく、生産規模を拡大できる新しい製造分析技術を最近活用し始めました。



GLBCはロックウェル・オートメーションの機器向けファクトリートーク(FactoryTalk )分析アプライアンスを導入し、モバイルインターネット(IoT)と分析機能が持つ力を生産現場にもたらしています。この技術により、GLBC はビール醸造機械の健全性をより正確に把握して効率を高め、品質を改善し、ダウンタイムを最小限に抑えられます。

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーの電気・制御担当管理者のジョン・ブライストーン氏は、次のように述べています。「グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーは創業初日より、美味しいビールの生産に全力で取り組んできたため、使用する原材料や生産工程からそれ以外まで、品質を追求してたゆまぬ努力を続けています。生産現場に高度な分析機能とハードウエア診断を追加することで、当社の生産機器についてより有益な情報を得られるようになり、品質への取り組みを継続できます。」

本ソリューションは、ブルワリーの生産現場にある機器の健全性と診断に関する分析情報を提供します。ロックウェル・オートメーションのアプライアンスの中には“シェルビー”という名のボットが搭載され、生産スタッフと自然言語処理を通じてやり取りできます。この技術はマイクロソフト・ボット・フレームワークを基盤とし、マイクロソフト・コグニティブ・サービスを使ってトレーニングされており、ブルワリーのスタッフが機器に関する課題をリアルタイムで容易に特定して、対応できるように支援します。

ブライストーン氏は、次のように語っています。「シェルビーは、当社の生産現場をより接続された環境へと移行する上で、大きな役割を果たしました。私たちはシェルビーのおかげで、既存の豊富なデータを活用して、問題を素早く解決できます。」

GLBCが導入した本ソリューションは、ロックウェル・オートメーションとマイクロソフトによる共同技術コラボレーションの一部を成すもので、企業がデジタル変革を最大限に活用できるように支援することを目指しています。

ロックウェル・オートメーションのアーキテクチャー/ソフトウェア部門担当シニアバイスプレジデントのFrank Kulaszewiczは、次のように述べています。「グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーのソリューションは、デジタル変革のより大きな流れの一環となるもので、米国における業界の継続的な成長を支えています。この技術は、設計者に実用的なデータや知見を提供して、彼らがすでに行っている素晴らしい取り組みを強化し、より優れた製品を開発できるようにします。」

マイクロソフト・コープのアジュールIoT担当ディレクターのサム・ジョージ氏は、次のように語っています。「ロックウェル・オートメーションと協力することで、製造会社はデータと詳細な分析情報によって効率と生産性を改善し、自社の業務を変革できるようになりました。私たちの長期的な連携によって、産業・製造分野のお客さまに差別化されたソリューションを提供できるのは、喜ばしい限りです。」

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーが拡張可能な分析機能を使って、業務にメリットをもたらしている詳しい方法については、ロックウェル・オートメーションとマイクロソフトによるこちらの動画をご覧ください:https://www.youtube.com/watch?v=qaLpnJTCXyE

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーについて

1988年にパトリック・コーンウェイとダニエル・コーンウェイ兄弟が創業したグレート・レークス・ブリューイング・カンパニーは、オハイオ州でオリジナルの地ビールを醸造しています。当社はさまざまなビール、お料理、ストーリーを共有して、豊潤な五大湖地域を称えています。詳しい情報については、greatlakesbrewing.comをご覧ください。

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業オートメーションと情報ソリューションに専心する世界最大の企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約2万2000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Rockwell Automation
Keith Lester
414-382-4871

情報提供元:
記事名:「グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーがロックウェル・オートメーションの製造分析ソリューションで高まる需要増加に対応