高槻市・冬の恒例行事
サンケイスポーツ(産経新聞社発行)などが後援する「第28回高槻シティハーフマラソン」は、2020年1月19日に開催されます。現在、ランナーを募集中です。

年明け早々のマラソン大会でありながら、市内外から多くの参加者が集まる歴史ある大会です。

初心者ランナーにもオススメできる
市民手作りの暖かい大会で、沿道には多くの声援があり、たかつき太鼓、高校生ブラスバンドなどの心地よい演奏がランナーの走りを応援してくれます。また、ペースランナー、ドクターや看護師がコース上を伴走しているので、安心して走ることができます。

気温に備えて寒さ対策も
種目は、「ハーフ」「10km」「5km」「エンジョイ2.7km」「ファミリー2.7km」があり、コースは、芝生にある「高槻市立総合スポーツセンター」内の運動競技場をスタート地点とし、高槻市立第三中学校でゴールします。完走後はドリンク、バナナが提供され、フードブースも充実しています。

気温は、非常に寒く、朝から雪がチラついた年もあったようですが、走りやすい季節なので、参加してはいかがでしょうか。

【参考】
※産経新聞社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000721.000022608.html

※大会公式サイト
http://t-marathon.org/index.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「高槻の冬のスポーツイベント「高槻シティハーフマラソン」開催