出会いの季節である春は、新しい恋のチャンスが増える季節でもありますね。恋を発展させるために、初デートでの第一印象を少しでもよくしておきたいと考える女性もいることでしょう。
しかしデート中の食事後、歯に食べカスがついていたり息のニオイが気になったりと、「残念口元」化している女性も少なくないようです……。
音波振動ハブラシ「ポケットドルツ」新商品を発売するパナソニック株式会社では、18〜39歳で現在恋人がいる男性500名を対象に、「はじめてデートと歯磨き」に関する調査を実施。意外にも男性に目撃されている女性の「残念口元」の実態、そして女性が「デート中に歯を磨く=デート磨き」がもたらす男性への印象の変化も明らかになりました。

「はじめてデート」で男性の約半数が口元をチェック
「はじめてデート」のシチュエーションは、気軽に誘える「ランチデート」がいい、という方も多いのではないでしょうか。実際に、男性に「はじめてデートにランチデートはアリだと思うか」きくと、91%が「アリ」と回答しています。
一方、食事の場という特性から、「ランチデート」で「食事のマナーをチェックできる」(28歳)と考える人も。はじめてデートで男性がチェックしているポイントをきいたところ、「女性との会話の相性」(90%)に加え、「話し方(口もと、表情)」(80%)、「所作やマナー」(74%)もチェックされていることがわかりました。また、「女性との会話中に目が行く場所」をきくと、「目」(71%)に次いで「口もと」(46%)が続いており、会話中女性の「口もと」に目がいく男性の多さがうかがえます。

歯に青のり、焼き肉のニオイ…ランチ後の「残念口元」に注意!
歯に食べカスが挟まっていたり、気になる息のニオイを発していたりと、「残念」な状態の口元=「残念口元」を見たことがあるかきくと、49%の男性が「経験あり」と回答。
「雑な印象を受ける」(66%)というだけでなく、「今後交際を続けるか考え直す」(37%)という人も4割近く見られる結果に……。男性は「残念口元」を見つけても62%が「指摘できない」と回答しており、女性はランチ後の「残念口元」状態に気づいていない可能性も大いにありそうです。

この「残念口元」を回避するための手段、「デート磨き」(デート中の食事後、歯を磨くこと)について男性にきくと、「自分への配慮を感じる」(69%)と、ポジティブに受け取る男性が多いようです。それどころか、「今後も交際を続けたくなる」(71%)という男性も7割超! 恋の継続には「デート磨き」が不可欠のようですね。

「デート磨き」にオススメ「ポケットドルツ」
音波振動ハブラシ「ポケットドルツ」は、毎分約16,000ブラシストロークの音波振動を採用。すばやく汚れを落とすことができ、時間のない時にもぴったり。ブラシの背面には舌ブラシもついているので、舌表面の汚れもケアできます。
握りやすく使いやすいロングサイズ(EW-DS42)と、ポーチに入りやすく、プラスアルファのケアもできるショートサイズ(EW-DS1C)から選ぶことができ、「デート磨き」にもおすすめです。

大人の身だしなみとしても恋の継続のためにも、食事後の歯磨きは欠かせません。どんな場面でもサッとケアできるよう、「ポケットドルツ」をいつでもカバンに忍ばせておきましょう!

【参考】
※ポケットドルツ EW-DS1C
http://panasonic.jp/teeth/products/EW-DS1C.html

※ポケットドルツ EW-DS42
http://panasonic.jp/teeth/products/EW-DS42.html


情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「男性は初デートで女性の「口元」をチェックしている!?歯の汚れにご用心!