酷暑が押し寄せた2018年の夏ですが、フェスシーンではそんなことお構いなしと言わんばかりの盛況ぶり。フジロックもさることながら、サマソニにはヘッダーにノエル・ギャラガーとベックを迎え、暑さも吹き飛ぶ盛り上がりを見せました。

ここでは、楽しかった夏の思い出を振り返りながら、SUMMER SONIC 2018でスナップした、フェス好きたちのリアルなスタイルをご紹介。

個性全開な総柄セットアップ。

増村義典さん(33歳/VENICE美容師)

奇抜に見える総柄のシャツとショーツのセットアップが増村さんのキャラにベストマッチ! 美容師の仕事柄、ブリーチ剤で色落ちしたというスカル模様のタンクトップをインナーに据え、ブリクストンのスナップバッグキャップとキーンのユニークを黒に統一することで、トップスを引き立たせている。

  • ・シャツ、ショーツ:ともに古着
  • ・タンクトップ:エイチアンドエム
  • ・シューズ:キーン/ユニーク
  • ・キャップ:ブリクストン/WHEELER
  • ・サングラス:レイバン
  • ・時計:トレーサー

 

エスニックにミリタリー感をMIX。

麺の人さん(41歳/会社員)

刺しゅうやウッドボタンが印象的なタイムウィルテルの白シャツでエスニックな雰囲気をまといつつ、高性能な山ショーツやスポーツ志向のアイウェア、ミリタリー系のトレーニングシューズを合わせてアクティブに。知る人ぞ知る、みやがわスポーツのトートバッグや手首のインディアンジュエリーなど小物選びのセンスも抜群!

  • ・シャツ:タイムウィルテル/Quetzalシャツ
  • ・ショーツ:アークテリクス
  • ・シューズ:スカイデックス/バトルトレイナー
  • ・トートバック:みやがわスポーツ
  • ・ハット:パタゴニア
  • ・サングラス:ウベックス

 

機能素材で夏フェスを快適に乗りきる!

リョータさん(28歳/会社員)

アロハな気分にさせてくれるコロンビアの総柄シャツは吸水速乾素材、さらにS2Oジャパンのオフィシャルアイテムであるハーフパンツもフェスに適した作りだから、真夏のイベントで間違いなしのセレクト! サコッシュもシャツに合うカラーを選ぶことで、バランスのとれたコーディネートに。

  • ・シャツ:コロンビア
  • ・ショーツ:S2Oジャパン
  • ・サンダル :テバ/ハリケーン
  • ・サコッシュ:ザ・ノース・フェイス パープルレーベル
  • ・キャップ :オンリーニューヨーク
  • ・サングラス:レイバン

 

ポケット豊富でタフな釣り用ベストが大活躍。

竹内亮太さん(30歳/臨床工学技士)

タクティカルベストのようなトップスは、じつは趣味の釣り用で買ったもの。丈夫なウレタン系素材と大容量ポケットのおかげでフェス会場ではバッグ代わりとして大活躍! これをさらりと着こなせるのは竹内さんのセンスの成せるワザ! 良い具合にこなれたカモ柄ショーツもグッドバランスです。

  • ・ベスト:マックスキャッチ/マルチポケットフライフィッシングジャケット
  • ・T シャツ:ベイフロー
  • ・ショーツ:ガンホー/エクスペディションショーツ
  • ・サンダル:サブライム/リッパーサンダル
  • ・ハット:ニューエラ
  • ・サングラス:エレクトリック

 

アウトドアテイストを組み合わせた大人のスポカジ。

松浦公平さん(36歳/会社員)

黒で決めたコーディネートの中に、グリーンやパープルのヴィヴィッドな挿し色が効果的! スポーツブランドをメインに据え、キャップやバッグ、タオルなどの小物にアウトドアブランドをミックス。いずれも機能性とファッション性があるので愛称は抜群なのだ。

  • ・Tシャツ:アディダスバイカラー/クライマチルTシャツ
  • ・ショーツ:アディダスバイカラー/ウーブンショーツ
  • ・シューズ:ナイキ/エアリフト
  • ・キャップ: ザ・ノース・フェイス/ノベルティヒルロックキャップ
  • ・ショルダーバッグ:アークテリクス/マカ2ウエストバッグ(ビームス別注)
  • ・サングラス:オークリー/フロッグスキン

 

GO OUT vol.108では、おしゃれなフェススタイルが盛りだくさん!

ここで紹介した他にも、絶賛発売中のGO OUT vol.108では、フジロックやサマソニの会場でスナップした30以上ものスタイルサンプルを掲載!  今年の夏フェスを振り返りつつ、来年のスタイルの参考に、ぜひチェックしてみて下さい!

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.108 定価¥680

販売サイト

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「あの興奮をもう一度。サマソニ’18スナップで振り返る、フェススタイル。