スマートフォンの充電はもちろん、扇風機や電気カーペット、プロジェクターなどをアウトドアでも使うことができるので、キャンプをさらに快適にしてくれるアイテムとして定番になりつつあるポータブル電源。

新たに日本上陸を果たした注目のポータブル電源ブランドが「Aiper(アイパー)」だ。

スマホやPC、家電まで。マルチに使えるポータブル電源。

アイパーの大容量ポータブル電源シリーズは、150Wから800Wまで4種類をラインナップ。いずれもAC、DC、USBといった多彩な出力を備えていて、一台でスマートフォンから家電製品まで様々なデバイスに電力を供給できる。

家庭用電力に近しい「正弦波」を採用したことにより、パソコンのような精密機器でも使用が可能。バッテリー残量や各出力の状況をLCDディスプレイでモニタリングできるのも特徴となっている。

 

俳優・タレントのユージさん、快適生活研究家の田中ケンさんらが出席して行われたアイパーの大容量ポータブル電源シリーズの製品発表会から、そのラインナップを紹介しよう。

 

スマホ充電に必要十分な小型サイズ「FLASH」。

Aiper「FLASH」 ¥16800(定格出力150W/容量45000mAh)

アイパーのポータブル電源の中で最もコンパクトなのが150Wの「FLASH」。1.8kgと軽量で場所を取らないサイズ感なので、スマートフォンやタブレットの充電がメインならこれで十分。iPhoneであれば約15回の充電が可能だ。

 

ワイヤレス充電が可能な「DAYWALKER」。

Aiper「DAYWALKER」 ¥48800(定格出力300W/容量86400mAh)

300Wの「DAYWALKER」は、ハンドル下にワイヤレス充電ポートを備えていて、対応しているスマートフォンであればケーブルで接続しなくても置くだけで充電できる。iPhoneなら26回、PCでも3.5回充電が可能な容量。バッテリーにはパナソニック製の高品質電池が採用されている。

 

アウトドアでも頼りになる500Wモデル「ELECTRO」。

Aiper「ELECTRO」 ¥68800(定格出力500W/容量150000mAh)

アイパーのポータブル電源のなかでもキャンプに最適なのが、500Wの「ELECTRO」。電気カーペットなどを使っても安心の大容量に加えて、車のバッテリースターターとしても使えるジャンプスターター機能を備えているので、いざという時にも心強い。また、定格出力500Wは他社のポータブル電源と比べても高出力だ。

 

D.I.Y.にも◎な大容量の「ELECTRO PLUS」。

Aiper「ELECTRO PLUS」 ¥99800(定格出力800W/容量201600mAh)

「ELECTRO」(500W)の上位機種である800Wの「ELECTRO PLUS」は、iPhoneが約63回充電できる大容量が魅力で、連泊キャンプではもちろん、D.I.Y.など屋外で電気を使う際のバッテリーとしても十分な容量だ。また、バッテリーにはパナソニック製の高品質電池を採用している。


(問)アイパー・ジャパン https://aiper.jp/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「ポータブル電源戦国時代に、スタイリッシュな大容量バッテリー「アイパー」日本上陸!