のどにできる白い粒「臭い玉」は、ふと口からポロっと出てくるもの。潰すと悪臭を放ちます。じつは、この臭い玉ができるということは、免疫力に異常があるということ。早期に臭い玉が出ないよう対策する必要があります。また、臭い玉の取り方はのどの奥の「うがい」が効果的なのでした。

臭い玉の取り方はのどの奥の「うがい」が効果的

臭い玉自体にはとくに害はない

臭い玉は、のどの扁桃のへこんだ部分に入っています。空気中に存在するばい菌が口の中に侵入すると、たどりつくのが扁桃。扁桃は体を守る免疫器官であるため、免疫細胞がばい菌の侵入を阻止しようとします。

のどの腫れるのは、免疫細胞がばい菌と戦っている証拠。いわゆる扁桃炎の状態です。そして臭い玉は、このばい菌の死骸の塊。臭い玉自体にはとくに害のあるものではありません。

ただし、この臭い玉が出る状態が長く続くことは問題。扁桃で免疫細胞とばい菌との戦いが続くと、免疫系の異常をきたすようになるからです。ちなみに、扁桃は免疫を担うリンパ組織の一部になります。

リンパ組織は扁桃以外にも鼠径部やわきの下など全身に存在。そして、全身のリンパ組織の中で、扁桃だけが体の外部にあります。このため、臭い玉が出る状態が続くということは、免疫システムが疲弊しているということです。

臭い玉の取り方はうがいが有効

疲弊によって免疫系に異常がおこると、全身の免疫細胞がばい菌などの敵がいなくても攻撃を開始。肌荒れなどの症状を引き起こします。場合によっては、腎臓病を引き起こすこともあるのです。

そんな臭い玉の取り方はうがいが有効。ただし普通のうがいでなく、わざとのどの奥まで水が届くようにします。吐き出すときは、のどの奥の粘膜に付いた汚れをこそげ取るイメージで、のどの奥のほうから唾液を出すのです。

臭い玉が付着しているのはのどの奥の両脇。ここを刺激して唾液を吐き出すことで、臭い玉を取り除くわけです。何度かうがいを繰り返すと、唾液に混じって臭い玉が出てきます。

■「臭い玉」おすすめ記事
臭玉(においだま)は細菌の死骸だからクサイ
掌蹠膿疱症の原因は潰すと悪臭を放つ臭玉だった
腎臓病の原因が臭玉?慢性扁桃炎を見逃さない
臭玉(においだま)が細菌の死骸で口臭の原因
臭玉の原因は口呼吸!口輪筋トレーニングで治す

■「口呼吸」おすすめ記事
隠れ鼻づまりで寝ている間だけ口呼吸になる理由
膿栓の原因は口呼吸!鼻呼吸にするだけで治る
膿栓の原因となる口呼吸を治すトレーニングとは
口呼吸かどうかを判定できる5つのチェック項目
口呼吸の治し方は口輪筋トレーニングが効果的

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「臭い玉の取り方はのどの奥の「うがい」が効果的