筋肉の付け方で大切なのは、成長ホルモンを分泌させること。成長ホルモンには筋肉や骨を強くする働きがあるからです。じつは成長ホルモンの分泌は、脳ではなく筋肉がコントロールしていることがわかってきました。筋肉の付け方では、筋肉をしっかり刺激して乳酸を作ることが重要な役割を果たしています。

筋肉の付け方では脳よりも「乳酸」が重要な役割

筋肉の付け方で大切な成長ホルモン

筋肉の付け方で大切な成長ホルモンは、脳が指令を出すことで脳下垂体から分泌されます。これまでは脳が筋肉を動かすために活発に働くと、その脳の働きが刺激になって成長ホルモンを出す指令が脳から送られると考えられてきました。

しかし、この考え方には不具合があります。脳の働きが刺激になるとしたら、筋トレをする夢を見たときにも成長ホルモンが分泌されてしまうということ。夢によって体の仕組みが暴走する可能性があることになります。これではイメトレだけで筋肥大がおきてしまうでしょう。

筋肉の付け方でカギを握っているのは、じつは乳酸です。疲労物質とも呼ばれる乳酸は悪者扱いされがち。しかし、脳の神経細胞の中には乳酸しかエネルギー源にできないものがあるなど、実際は体にとって必要不可欠な存在です。

筋肉の付け方に脳は重要ではない

乳酸は筋肉が激しく動いたときに作られるもの。筋トレが激しいほどたくさん作られるため、筋肉が使われたことの一種のバロメータが乳酸です。一方で、筋肉にはこの乳酸を察知する受容体があることがわかっています。

そして、筋肉の受容体が乳酸を感じると、その信号が脳に伝達。それがきっかけとなって脳から脳下垂体へ成長ホルモンを分泌させる信号が送られていることが判明したのです。

すなわち筋肉の付け方においては、脳をいかに働かせるかはあまり重要ではありません。いかに筋肉に的確な刺激を与えるかが、成長ホルモンの分泌に関係しています。つまり、筋肉の付け方では筋肉を刺激して作られる乳酸が重要なのです。

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「筋肉の付け方では脳よりも「乳酸」が重要な役割