筋トレのツールとしても使われるバランスボールは、座っているだけでも十分。バランスボールは座るだけでインナーマッスル腹筋が鍛えられます。オフィスや自宅でイス代わりに使っているだけで、ほんの10分もすればインナーマッスルが酷使されていることが実感できるはずです。

バランスボールでインナーマッスル腹筋を鍛える

バランスボールで腹筋を鍛えるコツ

バランスボールは、直径50~70cmほどのビニール製の大きなボール。空気で膨らんでいるため弾力があります。バランスボールはスポーツショップなどで1,000円ほどで購入可能です。

バランスボールは筋トレツールとして、さまざまな使い方があります。しかし、バランスボールで手軽にインナーマッスル腹筋を鍛えるなら、バランスボールをイス代わりに使うだけで十分です。

オフィスチェアの代わりでも、ソファの代わりでもOK。仕事や読書などをしながらでもかまいません。足は少し開き気味にして骨盤を立てるようにして、背筋をしっかり伸ばすことがバランスボールでインナーマッスル腹筋を鍛えるコツです。

バランスボールで腹筋がガチガチ

実際にバランスボールに座ってみると、自然と腹筋と背筋の奥のほうが使われているのを感じるはず。バランスボールの微妙な揺れを吸収して体を安定させるために、腹筋や背筋のインナーマッスルが鍛えられているのです。

インナーマッスル腹筋は正しい姿勢でいるほど使われるもの。しかも、イスの代わりにバランスボールを使うことで常に姿勢が不安定になります。インナーマッスル腹筋に細かな刺激が入って鍛えられるというわけです。

バランスボールに座って何か集中していると、10分や20分はアッという間。おもむろに立ち上がると、腹筋や背筋がガチガチの状態です。このため、インナーマッスル腹筋を鍛えるために1日じゅうバランスボールを使う必要はありません。出社してから30分などで十分。それよりも、毎日繰り返すことのほうが大切です。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「バランスボールでインナーマッスル腹筋を鍛える