オフィスのイスですぐにできるインナーマッスルの鍛え方を紹介しましょう。ポイントはハンカチを太もものあいだに挟んで行うこと。加えて、お尻の穴を締めるようにすることです。しかも、このインナーマッスルの鍛え方には、脂肪の分解が促進されるなどの副次的な効果も期待できます。

インナーマッスルの鍛え方の副次的な効果とは?

効果的なインナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルの鍛え方はまず椅子に座り、ハンカチを太もものあいだに挟みます。大きく息を吸い、続いてゆっくり息を吐きながらお腹を引っ込めてください。十分に引っ込んだところで、お尻の穴を締めるように力を入れます。

さらに、太もものハンカチをきつく挟み込むように力を入れて、そのまま5秒間キープ。太ももとお尻を意識することが、効果的なインナーマッスルの鍛え方につながります。これを3セット行ってください。

こうしたインナーマッスルの鍛え方は、激しい運動というよりはふだん行わないような筋肉の動かし方。このとき、筋肉からマイオカインという、体によいことをしてくれるいろいろな物質が出ています。

インナーマッスルの鍛え方に即効性

このインナーマッスルの鍛え方は、やってすぐに腹囲が狭くなる即効性があります。ただし、これは皮下脂肪や内臓脂肪が少なくなったわけではありません。正しい位置に内臓を戻しただけです。

インナーマッスルの役目の1つが内臓の位置を保持すること。インナーマッスルが弱ってくると内臓下垂が発生します。これがぽっこりお腹の原因。インナーマッスルを鍛えて内臓を正しい位置にするだけで、すぐにウエストが細くなります。

一方で、マイオカインを骨格筋の収縮によって出すと、脂肪の分解が促進されたり、血糖値が改善したり、血圧がよくなったりといった、体によいことをたくさんおこしてくれます。インナーマッスルの鍛え方は副次的な効果も期待できるのです。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「インナーマッスルの鍛え方の副次的な効果とは?