筋肉の付け方は人それぞれ、全員が同じではありません。同じ筋トレメニューをして筋肥大する人もいれば、逆に筋肉が細くなってしまう人もいます。というのも、筋肉の付け方は遺伝子タイプによって違っているからです。3つの遺伝子タイプそれぞれの筋肉の付け方を見ていきましょう。

筋肉の付け方は遺伝子タイプによって違っていた

筋肉の付け方は遺伝子タイプで違う

人間の体は遺伝子の働きによって成り立っているのはご存じのとおり。そんなかか注目されているのが「ACTN3遺伝子多型」です。瞬発的なパワーにすぐれている速筋線維のα-アクチニン3というタンパク質の設計図になります。

このACTN3遺伝子多型の遺伝子タイプは「RR型・RX型・XX型」に分類可能。この遺伝子タイプによって筋肉の付け方が違ってきます。とくにXX型の人は、速筋線維のタンパク質を遺伝子的に作りません。

このほか、RR型は速筋線維をよく作るタイプで、RX型は中間的なタイプ。おのずと筋肉の付け方も変わってきます。なお、日本人の遺伝子タイプの分布を見てみると、RR型が20%で、RX型が55%、XX型が25%です。

筋肉の付け方が4人1人は違う

筋肉の付け方は、筋線維を作る働きと壊す働きのバランスで決まります。筋肉は筋線維というごく細い線維の集まり。1つの筋肉には力が強くて持続力がない速筋線維と、力が弱くて持続力のある遅筋線維が混じっています。

そして、速筋線維は遅筋線維と比べて筋肥大しやすい筋肉。しかし、XX型の人は速筋線維が作られないため、通常の筋トレを行うと、過度の運動になってしまいます。日本人の4人に1人は筋肉の付け方が違っているのです。

1週間も筋肉痛が続くような場合は、壊す働きが強くて筋肥大しにくいといえるでしょう。XX型の人は、低負荷でもこれ以上できないレベルまで続ける筋トレなどが、正しい筋肉の付け方になります。

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「筋肉の付け方は遺伝子タイプによって違っていた