顔や太ももがスッキリすると話題のリンパマッサージ。リンパマッサージのやり方は、目的の部位から始めるのはNGです。というのも、リンパの流れをよくしても出口が詰まっていては元も子もありません。そして、全身を巡ったリンパ液の出口は鎖骨付近。リンパマッサージのやり方は肩回しからが基本です。

リンパマッサージのやり方「肩回し」からが基本

リンパマッサージは患部以外から

太ももや顔のむくみがスッキリすると、リンパマッサージが話題です。じつはリンパマッサージは、全身にどんなリンパ節があって、どう流れているかを知ることも大切。マッサージ効果がアップします。

何よりもリンパマッサージのやり方はまず、患部以外の部分から始めるのがポイントです。リンパマッサージは肩回しから始めます。初めに肩回しを入れると、鎖骨の下にあるリンパの出口が刺激されて、リンパが流れやすくなるのです。

リンパ管は全身の血管に寄り添うように張り巡らされています。その中にはリンパ液という液体が流れており、全身から老廃物などを集めて排出。ただし、心臓のようなポンプ機能のある血管とは違って、リンパはゆっくり流れています。

マッサージのやり方は肩回しから

このため、患部のむくみを解消するのに絶対に必要になるのが肩の運動です。肩甲骨のまわりには非常にたくさんの筋肉とリンパがあります。ここを円滑にしてあげることで、リンパの引き込みがよくなるのです。

そして、全身を流れるリンパ液は鎖骨付近で静脈に流れ込む構造になっています。ここが詰まっていると、いくらほかの部分の流れをよくしても、リンパ液は流れません。出口が渋滞した高速道路のようなものです。

リンパマッサージのやり方は最初にリンパ管の出口の詰まりを改善しておくことが重要。そのためには、鎖骨が大きく動くような肩回しが必要です。前5回、後ろ5回、どちらが先でもかまわないので、鎖骨が動くように大きく肩を動かします。

【関連リンク】
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ふくらはぎを筋トレすると高血圧を解消できる!
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「リンパマッサージのやり方「肩回し」からが基本