体脂肪を減らすためにダッシュを何本やっても、あまり意味がありません。筋肉は増えるかもしれませんが、減らせる体脂肪は微々たるもの。むしろウォーキングのほうが効果的です。体脂肪を減らすのに効果的なのは、酸素を十分に摂り入れながらゆっくりと全身を動かす運動だからです。

体脂肪を減らすならダッシュよりもウォーキング

体脂肪を減らすならウォーキング

体脂肪を減らすなら極論、100mダッシュを20回やるより20分間以上のウォーキングをしたほうが効果的です。100mダッシュを繰り返して息を切らしても、脂肪はほとんど減りません。すなわち体脂肪を減らすことができていません。

その理由は、使う筋肉によってエネルギー源が違っているからです。100mダッシュのような瞬発系の運動で使われるのは速筋。これに対して、ウォーキングのようなゆったりとした運動で使われるのは遅筋です。

速筋はすばやく収縮できるため、大きなパワーを出せるのが特徴。一方の遅筋は、小さいパワーながら長時間にわたって動き続けることができます。瞬発系が速筋で、持久系が遅筋と、運動によって使われる筋肉が違っているのです。

体脂肪を減らすなら遅筋を使う

そして、速筋と遅筋では運動中に使用するエネルギー源が違ってます。速筋のエネルギー減となるのは、おもに筋グリコーゲンという筋肉内の糖分です。脂肪はほとんど使われません。

ところが、遅筋は肺から取り入れた酸素で脂肪を燃やしてエネルギーにします。このため、速筋を使った動きを無酸素運動、遅筋を使った動きを有酸素運動と表現するわけです。

このため、体脂肪を減らすのであれば、脂肪を燃やしてエネルギーにする遅筋を使った運動である必要があります。だからこし、体脂肪を減らすなら体脂肪を減らすならダッシュよりもウォーキングが効果的なのです。

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「体脂肪を減らすならダッシュよりもウォーキング