これから夏を迎え、寝苦しい夜が増える時期。なかでも、なかなか眠れなかったり、寝ている途中でおきてしまう人も多いでしょう。そんなときに実践したいよく眠れる方法が、水出し緑茶を就寝前に飲むこと。水出し緑茶に含まれるテアニンによって、質のよい睡眠がとれるようになるのです。

水出し緑茶を就寝前に飲むことがよく眠れる方法

水出し緑茶にはテアニンが含まれる

最近の研究で、テアニンが脳内のα波を増加させることがわかってきたのです。α波はリラックス時に増える脳波。α波が多く出るということは、よい睡眠を迎えることができるということです。

ある研究では、睡眠前にテアニンを摂取していない人は睡眠途中に20分ほど目が覚めてしまうのに対して、テアニンを摂取した人は途中目が覚める時間が4割少なくなりました。

さらに、質のよい睡眠がとれているかを表す起床時のリフレッシュ感を表す数値も、テアニンを摂取した人は2割ほど高くなっていることがわかったのです。そんなテアニンを含む飲み物が「水出し緑茶」になります。

水出し緑茶はよく眠れる方法になる

緑茶はカフェインが含まれているから、寝る前に飲むのはよくないと聞いたことがあるはず。しかし、緑茶は水の温度によって、抽出される成分が違うのです。逆に水出し緑茶は、よく眠れる方法になります。

熱湯で入れた緑茶に含まれる主な成分は、カフェイン・カテキン・テアニン・アルギニン。ところが、水で入れた緑茶に含まれる主な成分は、テアニンとアルギニン。カフェインはほとんど出ません。

水も常温ではなく0.5度くらいが最適な温度。氷水がよいくらいです。このため、水出し緑茶の作り方は、緑茶に氷水を入れて2~3時間かけてじっくり抽出するのがポイント。寝る1時間前に、水出し緑茶を1杯飲むと効果的です。

【関連リンク】
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ふくらはぎを筋トレすると高血圧を解消できる!
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「水出し緑茶を就寝前に飲むことがよく眠れる方法