筋肥大を目指して筋トレを毎日続けてしまうのは逆効果。というのも、筋肥大には運動による筋肉への刺激だけでなく、栄養と休養も必要だからです。このため、筋トレを毎日続けることはオーバーワークとなってしまい、筋肥大がおきなくなります。筋トレは毎日ではなく1~2日間隔が理想的でしょう。

筋トレは毎日続けてしまうと筋肥大には逆効果

筋トレを毎日続けると損傷が続く

人間の体は、人間は知らず知らずのうちに健康的で丈夫な体を手に入れられるようにできています。そのわかりやすい例が骨折。一度骨が折れた部分は、元の状態より太く強くなることはご存じのとおりです。

筋肥大がおこるメカニズムとまったく同じ。負荷の高い運動によって筋肉に損傷が加わると、元の状態より強く筋肥大して回復します。同じ強さに回復したのでは、同じ運動や作業でまた損傷してしまうからです。

ただし、筋トレを毎日続けると、筋肉に損傷が続いて疲労が大きくなりすぎてしまいます。闇雲に体に負荷をかけ続けると、体のパフォーマンスは下がる一方。筋肥大に必要なのは「運動・栄養・休養」です。

筋トレは毎日ではなく中1~2日

筋肥大は一種のリバウンドともいえる現象。ただし、人間の体はリバウンドするまでに一定の休養の時間が必要になるのです。一般的に筋肥大のリバウンドがおきるには、48~72時間が必要になります。

逆にいえば、48時間たたないうちに同じ筋肉を使った筋トレをすると、リバウンドする前に負荷を与えてしまうということ。これでは疲労ではなく過労です。オーバーワークとなって筋肥大がおこりません。

月曜の17時に筋トレしたとしたら、48時間後は水曜の17時ということ。72時間後は木曜の17時です。すなわち、筋トレは毎日続けるのではなく、中1日か中2日空けないと、筋肥大には逆効果になってしまうのでした。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「筋トレは毎日続けてしまうと筋肥大には逆効果