足が速くなる筋トレと聞くと、スクワットなどで太ももの強化に目が行きがち。しかし、足が速くなる筋トレのターゲットとなるのは大腰筋と体幹です。大腰筋による足の引き上げがパワーを生んで、体幹による安定した軸がそれを増幅します。大腰筋と体幹を鍛える足が速くなる筋トレを紹介しましょう。

足が速くなる筋トレは大腰筋と体幹がターゲット

足が速くなる筋トレで瞬発力アップ

足が速くなる筋トレ1つめは、大腰筋と体幹を同時に鍛えられるニートゥチェストです。一般的にニートゥチェストは仰向けで行いますが、足が速くなる筋トレでは腕立て伏せの姿勢で行います。

腰幅に開いた両足のつま先と肩幅に開いた両手で、体を支えた姿勢がスタートポジション。この体勢からひざをすばやく胸に引き付けて3秒キープするのです。骨盤は固定して、左右交互に足だけを動かします。回数は10回が目安です。

ひざを胸に引き付ける動作で大腰筋、骨盤の安定に脊柱起立筋と腹直筋が鍛えられます。また、骨盤を安定させた状態で足を引き上げる動きを身につけることで、走るときの安定感や瞬発力がアップするでしょう。

足が速くなる筋トレで軸を作る効果

足が速くなる筋トレ2つめは、大腰筋と体幹に加えてお尻の筋肉も鍛えられるレッグバランスです。骨盤を立たせた状態で足の伸縮運動を行うことで、速く走るための軸を作るのに効果があります。

直立姿勢から片足のひざを抱えて片足立ちになったら、両腕を胸の前でクロスさせてください。骨盤を立たせたまま上体を前に倒し、上げている足を後方へ伸ばして、頭から足先までを一直線にするのです。

1秒キープしたら上体をおこして片足立ちに戻って、再び上体を倒しながら足を伸ばす…を繰り返します。骨盤をしっかり立たせて行うのがポイント。回数は左右それぞれ10回ずつ行いましょう。

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「足が速くなる筋トレは大腰筋と体幹がターゲット