シックスパックのためのトレーニングでターゲットとなるのは、お腹の筋肉と思う人が多いはず。しかし、シックスパックには背中やお尻の筋肉も合わせて鍛える必要があるのです。シックスパックを手に入れるために、背中とお尻を鍛える3つの理由を詳しく見ていきましょう。

シックスパックで背中とお尻を鍛える3つの理由

シックスパックで背中を鍛える理由

筋肉は収縮することはできても伸びることはできません。これはシックスパックを形作る腹直筋も例外ではありません。縮まった腹直筋を元に戻すには、丸めた背骨を伸ばす拮抗筋である背筋の力が必要です。

ほとんどの筋肉には、互いに対立する拮抗筋が存在しています。拮抗筋を鍛えないとケガの元になったり、肝心の筋肉が発達しないこともあるのです。シックスパックのトレーニングで背中を鍛える理由はここにあります。

ちなみに、拮抗筋の概念はシックスパックの筋トレ以外でも応用可能。太もも前面の大腿四頭筋を鍛えるなら、太もも裏面のハムストリングスを合わせて鍛えないと、ケガの元になるのは容易に想像できるはずです。

シックスパックは体脂肪率を落とす

シックスパックのトレーニングで、腹直筋とともに背中やお尻などの大きな筋肉を鍛えると、基礎代謝量を上げられます。シックスパックは体脂肪率を落とすことが必須条件。そのためには基礎代謝量を上げることが重要になります。これがシックスパックで背中とお尻を鍛える2つめの理由です。

背中やお尻の筋肉は、シックスパックを形作る腹筋と合わせて、体幹を構成しています。体幹を鍛えることは全身を正しく使うことに直結するのです。全身を正しく使えば、腹筋がどんな動作のときにも常に使われるようになります。

つまり、背中やお尻を合わせて鍛えて体幹の機能をアップすれば、日常のあらゆる動作をシックスパックのためのトレーニングに変えられるというわけ。これがシックスパックで背中とお尻を鍛える3つめの理由です。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「シックスパックで背中とお尻を鍛える3つの理由