スポーツや健康のためにお腹をへこませる「ドローイン」がよく紹介されています。しかし、正しくインナーマッスルを引き込めていない人が多いのが現状。これではドローインの効果も半減していまいます。ドローイン効果が半減していないかのチェック方法を紹介しましょう。

ドローインの効果を半減させないチェック方法

ドローイン効果はお腹が山形だと半減

まず仰向けになって、単純にお腹に力を入れてみてください。そのときのお腹の状態が、中央が盛り上がっていたらNGです。お腹を輪切りにした断面図でいうと、おへそ付近が山形に盛り上がっていてはいけません。

ここが山形ということは、アウターマッスルである腹直筋に力が入っているということ。インナーマッスルを鍛える本当のドローインにはなっていません。お腹が山形になっていたらドローイン効果も半減してしまいます。

正しい効果的なドローインは仰向けになって腹式呼吸でお腹をふくらませ、ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませるところが勝負。吐き切ってからさらにお腹をへこませるのです。下腹部全体を沈ませるようにして行います。

ドローイン効果でインナーマッスル

ここでも、ドローイン効果が半減していないかのチェック方法があります。1つは「お腹が平らかどうか」、もう1つは「腰骨のくぼみが硬いか」です。

お腹が平らかどうかは、アウターマッスルの腹直筋が使われていないかをチェックします。使うのはインナーマッスルの腹横筋。腹圧を上げて息を吐き切るときに、腹横筋はフル稼動するのです。

もう1つの腰骨のくぼみとは、左右にある突起の内側のこと。突起の正式名称は腸骨の上前腸骨棘といいます。その内側はくぼんでいますが、そこが硬くなった筋肉で埋められていたら正しいドローインということ。ドローイン効果でインナーマッスルがよく使われている状態です。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果をアップする「背中タオル」

■「ドローイン」おすすめ記事
腹横筋をドローインで鍛えると腰痛予防になる
腹筋の鍛え方!すきま時間のドローインが効く
ドローインダイエットは1日2分で食事制限ナシ

■「インナーマッスル」おすすめ記事
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
基礎代謝量を上げる秘密はインナーマッスル腹筋
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋
腹筋を割る方法!インナーマッスルに秘密アリ!!

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「ドローイン効果が半減していないかのチェック法