ふさふさまつげを目指した新ブランド
ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソンは、目元に注目した新ブランドMEIQUEシリーズ「まつげがRAKUDA」をリリース。3月5日(月)より、まつげ美容液とマスカラ2種を発売する。

ラクダのようにふさふさな上向きまつげは、目元を大きく見せ、顔の印象を明るくするポイントのひとつ。「まつげがRAKUDA」は、印象を左右する目元に注目し、楽で時短、だけど効果的なアイメイクを目指して生まれたブランドだ。

ハリのある美まつげへ
ブランド初のアイテムとなる「MEIQUE まつげがRAKUDA アイラッシュセラム」は、まつげが少なく痛んでいる・まつげパーマがかかりにくいなどの悩みに応えるまつげ美容液。

毛髪専門企業として長く研究を重ねてきた同社のノウハウを活かし、ハリのあるまつげのための10種の成分を配合している。

頭髪と比べて生え替わりのサイクルが早いまつげに、この美容液で適切にケアを行うことで、長く美しいまつげを手に入れられるという。

まつげのほかにまぶた・目元にも使用できるので、一層魅力的な目元に近づけるだろう。

まつげケアもできる有能マスカラ
同時発売の「MEIQUE まつげがRAKUDA マスカラ」は、軽量ファイバーで上向きまつげをキープできるマスカラ。8種の保湿・美容液成分配合されており、メイクしながらまつげのケアもできる。

太く濃いまつげになれるボリュームタイプと、ダマになりにくく長いまつげになれるロングタイプの2種類が登場。お湯で落とせるフィルムタイプなので、メイクオフの際も目元を痛めにくい。

発売は直販サイト及びドラックストアなど。3月5日(月)より順次発売される。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース
https://www.svenson.co.jp/news/detail.php?no=MTg4

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「楽々ラクダ風メイクが印象を変える!新ブランド「まつげがRAKUDA」誕生