Photo by ZOZOTOWN


スポーティなアイテムがトレンドの春夏は、キャップにも注目! 小物なら取り入れやすいので大人にもおすすめです。

でも、普段キャップをあまりかぶり慣れていない人にとっては、どんなファッションに合わせればいいのか迷いますよね。

そこで今回は、大人でも自然にかぶれるキャップコーデをご紹介します。

 
キャップは定番色がベスト

Photo by WEAR


まずはじめに、キャップの色は冒険せずに定番色を選ぶのがベター。

形自体がスポーティで冒険要素が強めなので、色は安心感のある落ち着いた色を。

 


Photo by WEAR


帽子とコーデの色を馴染ませる感じで取り入れると、失敗しません。

 
シャープなアウターと好相性

Photo by WEAR


メンズライクなキャップはトレンチコートやライダースなど、シャープなアウターと好相性。と言っても、全部ハンサムに決めるのも女らしさに欠けるので、どこかでレディな要素をプラスしてあげるとバランスよくまとまります。

こちらは、小花柄シャツとヘアスタイルでフェミニンなムードをちょい足し。

 


Photo by WEAR


こちらは全体的にはメンズライクな雰囲気ですが、きちんと感のあるレザーバッグがカジュアルになりすぎるのを抑えてくれていますね。

 
定番かつトレンドのデニムジャケットと

Photo by WEAR


定番かつこの春のトレンドでもあるデニムジャケットにもキャップをオン。デニムジャケット自体はカジュアルなアイテムなので、全身カジュアルにまとめないことが大事。

こちらは、旬のオーバーサイズのGジャンにレディな黒のマキシスカートをコーデ。

 


Photo by WEAR


こちらは、ボタンを首元までしっかりとめた白シャツのきちんと感で、スポーティすぎない絶妙なバランスに。

さりげなくキャップと靴下の色をリンクさせているのもおしゃれですね。

 
マキシスカートとベストなバランス

Photo by ZOZOTOWN


Aラインのマキシスカートとキャップは、ベストなバランス。重心が下にいきやすい裾広がりのマキシスカートは、キャップで視線を上げると◎。

ハットだと大げさすぎる感じもしますが、カジュアルなキャップだとちょうどいい具合。

 


Photo by WEAR


休日のカジュアルコーデには、こちらのようにスカート以外はラフなアイテムでまとめるのもよさそうです。

 

・「スポーティなキャップは定番色でコーデと馴染ませる」

・「全身カジュアルに決めずにどこかで女らしさやきちんと感をプラスしてあげる」

この2点を特に抑えておくと、大人らしい自然なキャップスタイルが楽しめるはず!

小顔効果が期待できるうえにスタイリッシュで今っぽい雰囲気をだせるキャップスタイルに、この春はぜひ挑戦してみてくださいね。

情報提供元:ANGIE
記事名:「小顔効果も抜群!トレンドの「キャップ」大人らしい合わせ方は?