アメリカ各地に雨後のタケノコのように現れ始めた生クッキー生地の店。カップケーキ、マカロンに次ぐ流行の兆しが見えている。幼い頃、お母さんがクッキーを焼いてくれたとき、ボウルに残った生地をこっそりなめた思い出は、アメリカ人なら誰にでもあるはずだ。

全文を読む