週刊文春やNumberを発売する文藝春秋が、レイプ被害を受けたと会見を行い訴えたジャーナリスト伊藤詩織さんの手記『BlackBox』を18日に発売することがわかりました。信頼していた人からのレイプ被害。その事実を証明するにはホテルという密室、差し止められた逮捕状、あらゆるところに”ブラックボックス”がありました。

 

詩織さんは2015年、TBS記者(当時)からホテルで意識のない状態のまま性的暴行を受けたとし、準強姦容疑で警視庁に被害届を提出。ところが記者逮捕の当日、当時の刑事部長の判断で逮捕が取り止めになり、東京地検は嫌疑不十分でこの件を不起訴と判断しました。

 

それを受け詩織さんは今年529日に司法記者クラブで会見し、検察審査会への申し立てを公表しましたが、921日、検察審査会もこれを「不起訴相当」と議決。現在は真相究明などを求め、東京地裁に民事訴訟を起こしています。

 

本名のファーストネームを公表して会見を行った詩織さんは同書で苗字も明かしました。なぜ司法は裁けないのか、広く社会で議論する必要を感じ、詩織さんのつかんだ真実をすべてこの本に書いています。

 

伊藤詩織(いとう しおり)

1989 年生まれ。ジャーナリスト。フリーランスで、エコノミスト、アルジャジーラ、ロイタ ーなど主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信。

 

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「レイプ被害を訴えた女性ジャーナリスト・伊藤詩織が手記『BlackBox』出版。10月18日発売