豪華な返礼品競争を改善する動きもあるなど何かと話題の「ふるさと納税」。いざ、どこの自治体に寄付しよう…と考えると返礼品の種類も情報も多すぎて迷ってしまう人も多いのでは? 

 

食べ盛りの男(夫含む)3人がいる我が家では質より量!と、ふるさと納税の人気ランキングなどを頼りに、コスパ重視で米20㎏や豚肉が大量にもらえる自治体に応募。今年はさっそくチーズをゲットしましたが、期待しすぎてしまったせいか驚くほどの感動がなかった…のが正直なところ。

 

そこで今回は、地元のスーパーでは売っていない、見聞きはするけど意外に手に入りにくい食品などを調べてみました。せっかく地方からはるばるやってくる品ですから“レア”なものが見つかるかも。

 

パクチー

自分で栽培経験もあるほどラブなパクチー。茨城県行方市では20セット限定でパクチー1㎏がお礼の品に。1㎏あれば思う存分パクチー盛りできそうですね。

 

また、コリアンダー(パクチーの別名)ペーストを打ち出しているのが千葉県船橋市。パクチーとにんにく、しょうが等のハーブをペーストにしているものだそうで、これも気になります。

 

豆腐よう

豆腐を紅麹と泡盛などで漬け込み発酵、熟成させた沖縄の郷土料理、豆腐よう。ウニのような濃厚な味がたまらないのですが、沖縄からお取り寄せすると送料が高く、なかなかお目にかかれない逸品です。女性長寿日本一の沖縄県北中城村(きたなかぐすくそん)の「ミス(美寿)」の大好物セット」には、この豆腐ようをはじめ、もずくやアーサなど「美しい長寿のご婦人方が大好きな物を集めました」と紹介されています。

 

鯨肉

「昔は給食の定番だった」なんて話も聞いたことがありますが、あまりなじみのない鯨肉。和歌山県太地町(たいじちょう)では、尾肉、赤肉、皮、ベーコンから、サエズリ(舌)までセットにしたものが送られてきます。サエズリは脂身が多く、通をうならせる高級珍味だそう。高知県室戸市では、サエズリのみを返礼品にしています。

 

ジビエ類

鹿肉や馬肉、猪肉を返礼品にしている自治体は意外と多く「レア」でもないよう。そんな中、少数派なのがキジ肉やウズラ肉。長野県豊丘村の「猪鹿鳥セット」では、猪肉・鹿肉の味付けスタミナ焼きとウズラ、キジ肉がセットになっているので、一度にいろんな味を試してみたい人にいいかも? ほかにも北海道西興部村(にしおこっぺむら)では、熊肉缶詰や、茨城県石岡市の「ダチョウの卵」もあります!

 

オオグソクムシ

個人的にとっても衝撃だったのが、駿河湾深海で獲れたオオゾクムシ2匹(7㎝前後)を返礼品にしている静岡県焼津市。オオグソクムシは深海(150㎝以遠)に生息する日本最大の等脚類(フナムシやダンゴムシの仲間)で、食べてもよし、育ててもよし、一部では「キモカワ」と人気のようですが、その風貌にノックアウトです。味も美味しいようですが、真相はいかに?

 

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「ふるさと納税でもらえるレアな食べ物5選!