アンカー・ジャパンは、4月23日に発売したUSB急速充電器『Anker PowerPort Atom PD 4』について、販売中止と自主回収の実施を発表しました。

Power Delivery対応のUSB Type-CポートとPowerIQ対応のUSB Type-Aポートを2端子ずつ、計4端子を搭載、最大100W出力に対応するUSB急速充電器。製造工程において発生した不良品が初期ロットの内40個存在し、これらが正常品と混在して出荷されたことが判明したとのこと。

<対象製品>
製品名:Anker PowerPort Atom PD 4
製品型番:A2041121 (JAN:4571411190094)
発売日:2019年4月23日(火)

6月7日にユーザーからカスタマーサポートに電解コンデンサーの液漏れと発煙が生じたという報告を受け、調査を開始。6月30日に不具合の原因が特定され、回収を決定したとしています。

原因については、製造時のリフロー(はんだの接合工程)において、通常より長い時間加熱された製品が40個発生、出荷不可として廃棄処理される予定だったところ、委託先の製造工場の管理体制に不備があり、正常品と混在した状態で出荷されたと説明しています。

現在、同製品の製造と販売は中止。委託先の製造工場の管理体制と同社の検品体制の厳格化を進めているとのこと。

同製品のユーザーに対しては、下記の特設窓口で回収と返金の手続きを案内しています。

【オンライン受付(24 時間)】
https://www.ankerjapan.com/pd4-support.html

【電話受付】
0120-253-004(フリーダイヤル / 平日 9:00-17:00)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「アンカー・ジャパンが急速充電器『Anker PowerPort Atom PD 4』の販売中止と自主回収を発表