11月11日をPocky dayとする江崎グリコが2018年に実施したグローバル統一キャンペーン“Pocky day Say Pocky Campaign”内のデジタルコンテンツ『HAPPINESS PLAYLIST』が、アジア太平洋地域で最大級の広告祭ADFEST 2019において、メディア・ロータス部門(サブカテゴリー:Best Use of Technology)のブロンズ(銅賞)を受賞しました。

人間の感情は表情よりも声に表れやすいという研究データに基づき開発された『HAPPINESS PLAYLIST』は、AIがユーザーの音声を解析し、感情に合わせて自動で音楽プレイリストを作成してくれるサービス。

PCやスマートフォンに向かって「ポッキー」と呼びかけると、ディープラーニングを活用して20万以上の音声データを学習したAIが即座に音声を解析。

喜び(Joy)、元気(Energy)、落ち着き(Calm)、悲しみ(Sorrow)、怒り(Anger)の5つの項目に分けて感情のグラフ化し、音楽ストリーミングサービス『Spotify』で楽しめる4000万曲の中からプレイリストを作成します(中国は『Kugou』)。

生成された音楽プレイリストは、ストリーミングサービスで聴くことができ、キャンペーン期間中には日本・アメリカ・中国・台湾・タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポールの9か国で161万6455人ものユーザーが体験しました。

ADFESTは今年で22回目を迎えたアジア太平洋地域を代表する広告賞のひとつで、毎年3月頃にタイのパタヤで開催されています。

※トップ画像はPockyのグローバルサイト(https://www.saypocky.com/)より引用。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「呼びかけるだけで感情に合わせた音楽プレイリストを作成してくれる『ポッキー』キャンペーン アジア最大級の広告祭ADFESTでブロンズ受賞