おなじみのロゴマークにピンクのラインナップが登場です。黒と緑のカラーリングを見慣れた勢からすると、この色合いはなかなかのインパクト。

こちらは4月23日(火)にモンスターエナジーから発売される新商品『モンスター パイプラインパンチ』。

この商品はハワイで人気のパッションフルーツ、オレンジ、グァバといったトロピカルなフレーバーにエナジーブレンドをミックスしています。

商品名の『パイプラインパンチ』は、ハワイ・オアフ島のサーフポイントである『バンザイ・パイプライン』からインスピレーションを受けたものなのだとか。ノースショアを代表するこのサーフポイントは、冬になると危険な波も炸裂する世界最大級のチューブを味わえるパワフルなポイントなのです。

そのお味は?

果汁16%が配合された『モンスターエナジー』、缶を開けると、甘めのフルーツの香りが炭酸の気泡に乗って周囲に漂います。

中身の色合いはピンクを含んだ強めのオレンジ。

口にしてまず感じるのはパッションフルーツの甘さ、グァバ特有の南国フルーツの香り。続いてオレンジやパイナップルの爽やかさが駆け抜けていきます。モンスターシリーズらしく、甘さはかなりしっかり感じる味わいとなっており、飲みごたえは十分です。

炭酸はそこまで強くなく、微炭酸に近い印象。
モンスターおなじみの「みなぎる」感覚はバッチリ。しかしながら16%の果汁のおかげか、ちょっとヘルシーにも感じられます。従来の味わいとはまた違った方向性の仕上がりでした。

高麗人参、L-カルチニン、L-アルギニンなどが配合され、355ml缶の総エネルギーは156kcal、カフェイン相当量は142㎎となっています。

『モンスター パイプラインパンチ』、発売は2019年4月23日(火)。355ml缶で190円(税別)の販売価格です。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「“ハワイアン”なピンクの『モンスター』、どんな味?