『Netflix』の対抗馬と目されている動画配信サービスの『Disney+(ディズニー・プラス)』ですが、日本時間の4月12日にその詳細が発表されました。

Disney+ Launch Date & Price Details | Disney Plus News (YouTube)
https://youtu.be/nIJX1OqdAYI

アメリカでのサービス開始は11月12日で、価格は月額6.99ドル(約780円)と年額69.99ドル(約7840円)の2本立てとなっています。『Disney+』ではディズニーを筆頭に、ピクサー、マーベル、『スター・ウォーズ』、ナショナルジオグラフィックといったコンテンツが配信されます。コネクテッドTVやモバイル機器でも利用可能です。

『ザ・シンプソンズ』の30シーズン全てといった既存のコンテンツに加え、初年度は新作となるオリジナルシリーズ25タイトル以上とオリジナル映画10タイトルの配信が予定されています。マーベルの『The Falcon and The Winter Soldier(ファルコン&ウィンター・ソルジャー)』、『WandaVision(ワンダビジョン)』や、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの『Into the Unknown: Making Frozen 2(『アナと雪の女王2』のメイキングドキュメンタリー)』といった新作タイトルも発表されています。

アメリカ以外の国や地域でのサービス開始時期については、西ヨーロッパが2020年度の第一または第二四半期、東ヨーロッパはその後、アジアパシフィックは今後2年以内、中南米は2021年度の第一四半期が予定されています。

『Disney+』は、“ディズニー作品”という強力なキラーコンテンツと共に、『Netflix』の月額12.99ドルを大幅に下回る月額6.99ドルという価格で、動画配信サービスに進出してきます。『Netflix』がどういった対抗策を打ち出してくるのかも注目ですね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=nIJX1OqdAYI

※ソース:
http://whatsondisneyplus.com/disney-details-announced/
http://whatsondisneyplus.com/disney-faq/when-is-disney-launching/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『Disney+(ディズニー・プラス)』の詳細が明らかに 『Netflix』より安いぞ