吉田(以下吉田カバン)とソフトバンク コマース&サービス(以下ソフトバンク C&S)は、ソフトバンクC&Sのバッテリー技術“Power Leaf”を採用したモバイルバッテリーを内蔵し、機能性とデザイン性を両立させたコラボレーションバッグ2製品を12月20日に発売します。

ビジネスユースにも使えるリュックサック『PORTER RUCKSACK × Power Leaf』と、デイリーユースに適したスリングショルダーバッグ『PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf』をラインアップ。吉田カバンの直営店PORTER(表参道、丸の内、大阪)、吉田カバンオフィシャルオンラインストア、ソフトバンク C&Sが運営するSoftBank SELECTION オンラインショップで販売します。

両製品とも、薄型・軽量のモバイルバッテリー『Ceramic Battery Board』が付属。切断しても発火や液漏れが発生しない安全性と、3550mAhの大容量ながら厚さ約4.7mmという薄型なのが特徴です。バッテリーの重量は約250g。USB-AとUSB Type-Cの出力ポート、microUSB入力ポートを搭載します。

専用ポケットにバッテリーを収納することにより、バッテリーをバッグから取り出すことなく充電・給電が可能。ショルダーストラップに取り付けて操作できる、USBポート搭載のコントローラーが付属します。別売りのスマートトラッカー『Tile』を収納する専用ポケットも用意。バッグをなくした場合には、音を鳴らしたり、最後に検出された場所をスマートフォンアプリから探すことができます。

『PORTER RUCKSACK × Power Leaf』は、サイズ約280×125×420mm、重量約1.3kg(バッテリー除く)で、価格は5万9400円(税込み)。『PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf』は、サイズ約180×50×320mm、重量約0.7kg(バッテリー除く)で、価格は3万9960円(税込み)。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「吉田カバンとソフトバンク コマース&サービスがコラボ 薄型バッテリー内蔵のリュックとショルダーバッグを12月20日に発売へ