img_3311_f

「コンビニアイスを一度に食べられたらなぁ~」と子供のころ、そんな夢を抱いたことはありませんか。ガジェット通信編集部ではこの夏、夢をかなえるべくコンビニアイスを114種類を制覇! 一挙に大人買いレビューします。

今回の挑戦はチョコバー。甘ーいチョコレートとひんやり冷たいバニラのハーモニーがたまらない『パルム』『アーモンドチョコバー』『チョコバリ』『クランキーアイスバー』『ブラックサンダーアイス』チョコバー系を5本をまとめて食べてみました。

『パルム』(森永乳業)

img_3409_f

チョコバー好きのアイスの定番といえば『パルム』。

img_3420_f

「こころまでなめらかになるアイス」のキャッチコピーどおり、なめらかさがたまらない。

img_3425_f

チョコレートとバニラアイスが口の中でとろけてくる得難い幸福感。アイスのコクとうま味がギュッとつまった1本はコレ!

img_3411_f img_3413_f

・製品情報
森永チョコレートアイスクリームバーPARM(パルム)
内容量:90ml
価格:130円(税別)
エネルギー:237kcal
http://parm-ice.jp/[リンク]

『アーモンドチョコバー』(セブンプレミアム)

img_3385_f

バニラビーンズシードが入った濃厚でなめらかなバニラアイスを、こだわりのアーモンドチョコでコーティング。

img_3394_f

2種類のアーモンドを混ぜ合わせた香ばしい風味と食感、濃厚なアイスとチョコの味わいが特長。

img_3403_f

アーモンドナッツとチョコのゴールデンコンビが楽しめる逸品。チョコレートはほろ苦く、大人向け。

img_3392_f

・製品情報
『アーモンドチョコバー』
税込:189円
https://7premium.jp/product/search/detail?id=2804[リンク]

『チョコバリ』(センタン)

img_3352_f

バニラアイスを、砕いたピーナッツと小麦粉のクランチをまぶしたチョコレートでコーティングしたスティックタイプのアイスクリーム。

img_3358_f

チョコバーでありながら、バニラのミルクが結構サッパリしているのでバリバリ食べられる印象。

img_3368_f

このタイプのクランチは他のアイスにはない、不思議なザクザク食感が魅力。大き目サイズなのでコスパもよし。

img_3354_f

・製品情報
『チョコバリ』
​内容量 130ml
​熱量260kcal
http://www.hayashikazuji.co.jp/chocobari/[リンク]

『クランキーアイスバー』(ロッテ)

img_3331_f

今回アイスバーをたくさん食べて新しい発見です。美味しいチョコレートはそのままアイスになっても美味しいと判明しましたゾ。

img_3338_f

その名のとおり、クランキーチョコレートがアイスにコーティング。

img_3344_f

味わい深いアイスと軽い食感で口どけの良いチョコレートのおいしさが楽しめるパフ入りチョコアイスバー。チョコバーシリーズの中で、筆者はこれが一番好きかも……!

img_3333_f img_3335_f

・製品情報
『クランキーアイスバー』
内容量:115ml
https://www.lotte.co.jp/products/catalogue/ice/12.html[リンク]

『ブラックサンダーアイス』(ユーラクとロイヤル食品株式会社のコラボ)

img_3311_f

チョコアイスバー好きはこれを見逃すべからず! 

img_3324_f

庶民的なお菓子がアイスになるとこんなにもリッチに変身するとは。外はパリパリ、中はザクザク。食感やチョコのリッチさ、口の中で合わさったときのどれをとっても完璧。

img_3319_f

チョコアイスバーの完成形的な存在です。

img_3312_f

チョコレート好きはハマるはず。こってりとしたチョコアイスが思いっきり食べたいときはこれを1本どうぞ。

img_3314_f

・製品情報
『ブラックサンダーアイス』
熱量296kcal

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「【コンビニアイス全レビュー】チョコバー系5種を一挙に食べるぞ! 『パルム』『アーモンドチョコバー』『チョコバリ』『クランキーアイスバー』『ブラックサンダーアイス』