生野菜に含まれる酵素

野菜

生野菜には酵素がたっぷり含まれています。酵素は人の体の中にもともとある成分でもあり、唾液に含まれるアミラーゼのように消化を助けたり、体の色々な機能の助けをしている成分です。

酵素が不足すると、体は余計に力を使うことになり、消耗が激しくなります。このため、酵素を食べ物やサプリメントから摂取することで、体が疲れて老けたり錆びたりするのを助けてあげることが大切なのです。

酵素はドリンクや錠剤でも販売されていますが、生の野菜にも豊富に含まれています。生野菜を意識して摂っていくことで、酵素不足を防いで、美容や健康をキープしましょう。酵素は熱を加えることで壊れやすくなりますので、野菜は生で食べることが非常に重要になります。

生野菜の食べ方を工夫して、なるべく毎日食べるようにしていきましょう。

酵素の美容効果は元気の素

shutterstock_255195673

酵素の美容効果は何といっても元気の素です。酵素は不足すると体が余計な消費をする原因になり、場合によっては消化不良なども起こしやすくなります。

このようなことが増えると、美容面でも悪影響が出やすくなるため、美容の面からも近年は酵素が注目を集めています。酵素はフルーツのような他の生の食材にも含まれていますので、野菜と一緒にバランスよく摂取するようにしましょう。

生の野菜をたくさん食べる調理法

生の野菜をそのままたくさん食べることは難しいでしょう。トマトは味付け無しでも食べやすいですが、食べ続けていると口が痛くなってくることもあり、何より飽きてしまいます。他の野菜も一緒に食べることができる方法を検討してみましょう。

定番のサラダ

サラダ

サラダは生野菜の食べ方としては定番中の定番です。サラダはマヨネーズやドレッシングを変えることで、比較的飽きずに食べることができます。

自分でドレッシングを自作する際は、まずは良いお塩とオイルを用意しましょう。オイルは手に入りやすいオリーブオイルやアーモンドオイルが味わいがあっておすすめです。良いオイルと塩だけでもドレッシングとしては十分ですが、そこに「アンチョビ」や「にんにくのすりおろし」などを混ぜると、さらに美味しく仕上がります。

ドレッシングはいろいろと工夫して、自分オリジナルの美味しい味を見つけ出しましょう。また、たまにはソースや他の味で食べてみるのもおすすめの方法です。

野菜スティックでおしゃれにもりもり

shutterstock_631457111

野菜スティックは野菜を棒状に切るだけの簡単料理ですが、野菜をモリモリ食べることができる定番の方法です。

つけだれもいいお味噌があれば、十分美味しくいただけます。マヨネーズや手作りのつけだれなど工夫してみても美味しいでしょう。

野菜はきゅうりを始め、セロリ、にんじん、大根などが定番でおすすめです。他にも生で食べることができる旬の野菜があれば、試してみましょう。

ドレッシングを工夫しよう

ドレッシング

野菜を生でたくさん食べるためには、ドレッシングは欠かせない存在です。ドレッシングには、和風・フレンチ・韓国風など様々な味があります。

市販品だけでもかなりのタイプが出ていますので、何種類か揃えておくと、それだけでも生野菜を食べやすくなるでしょう。

つけだれを手作り

shutterstock_240895627

野菜スティックをつくる時のつけだれを手作りしてみましょう。

まずはマヨネーズに醤油や梅干しの叩いたものを混ぜてみるなどして、バリエーションを増やすことから始めてみましょう。マヨネーズはいろいろと混ぜることで違ったつけだれになり、より楽しめるようになります。マヨネーズにソースを混ぜる定番の味わいも、野菜スティックにぴったりです。

生野菜から酵素をたっぷり摂って、今日も綺麗

野菜

生野菜から酵素をたっぷりと摂って、今日も綺麗を磨きましょう。体の中から健康的に綺麗を極めて、今日も元気に過ごすのです。

情報提供元:GODMake
記事名:「生野菜で“酵素”を摂ろう!サラダをおいしく食べる秘訣